おひとりさまライフ

40代 おひとりさまのひとりごと -山あり谷あり人生46年の忘備録-

禁煙

たばこ税増税

2020.10からまたたばこが値上がりするって。

愛煙家にとっては厳しいね。

 

私は40歳を迎え、たばこをやめた。

禁煙して6年。

もう卒煙と言っていいよね。

もう二度と吸わない自信がある。

 

約20年の喫煙歴。

いままで禁煙しようと思ったことはない。

でも、漠然と「40歳になったらたばこはやめる」と決めていた。


どん底生活でのストレス発散はお酒とたばこ(おっさんだな…)

どん底の精神状態を保つためには必要なアイテム。


いま思うと、目覚めている間はたばこに支配されていた。

朝起きて目覚めの一服、始業前、ランチタイム、休憩中、会社を出る前、灰皿と目が合えば、チャンスがあればいつでも。


40歳の誕生日、後ろめたい気持ちを持ちつつも、いつも通りたばこに火をつける。

ゆらゆらと揺れながら消えてゆく煙りを眺めながら「やっぱりやめられないかも〜」と禁煙に消極的な私。


一応はやめる準備もしていて、(必ずカートン買い)この日に合わせて在庫調整もしてた。

だから買いおきのタバコも無く、手元にある10本ほどのたばこがすべて。

 


たばこはただの習慣だから。

この習慣をやめればいい。

脳がたばこは不必要と理解すればやめられるはず…


だから暗示をかけた。

瞑想して自分に暗示をかける(へんな宗教じゃないよ…)

言い聞かせ。


「約束の40歳がきたよ、私の身体にもうたばこは必要ないよ」


私の身体にたばこは必要ない…

もうたばこは必要ない…

もう私の身体にたばこは必要ない…

残りわずかなたばこを吸いながらもブツブツと脳に語りかけ、暗示をかける。


私の脳が理解するまで何度も念仏のように唱える・・・


誕生日の数日後、最後の1本を吸い終える。

灰皿を捨て、もうたばこは吸わない。

40歳、禁煙のスタートをきった。

 

潔癖(症)

私は潔癖症

私が小学生の頃、4才年上の姉がお友達と銭湯へ行くという。

家にはもちろんお風呂があったから、私は銭湯へ行ったことがなかった。

姉に私も一緒に行きたいと言ったら、友達と行くからダメだと断られた。

諦めない。

私も銭湯へ行きたいと母にねだった。

銭湯はいろんな人がお風呂に入りにくるから衛生的ではないという理由で連れて行ってもらえなかった。


姉はお友達と銭湯へ行ったのに、なぜ私は行ってはダメなのか…。


幼い頭で考えた。
大きいお風呂に他人さまの垢がぷかぷかと浮いている様子が目に浮かぶ…あームリだ。簡単に納得した。
まぁ家に風呂はあるわけだから、母は私を銭湯へ連れて行くのが面倒だっただけだ。

この出来事があってから、いつも衛生状態を考えるようななった。


未だどうしても無理なことは、他人さまが剥いたりんごだ。

母が剥いたりんごは食べられる。外食も大丈夫。

りんごを口に入れ、かみ砕き、ごっくんしようとしても喉に拒絶される。

おえぇ~となってしまう。

幼い頃、お友達のお家に遊びに行くとお友達のお母さんがおやつにりんごを出してくれる。
「お腹がいっぱいだから」と断る私。

子供ながら他人さまにりんごを食べて、おえぇ~と涙を流す姿は見せられない。


大人になって銭湯・スーパー銭湯へ行ったが、微妙…というのが素直な感想。
家に帰宅してまたシャワーを浴びる…。

温泉は大好きだ。
私の潔癖癖は重症ではない、と自分では思っている。

いまコロナウイルスが猛威を振っているが、電車の吊り革は大丈夫(手洗えばいいよね)
屋台もやや無理かな。
御手洗の汚い飲み屋、二度目はない。
海、山も苦手だったが克服した。
海キャンプとか山小屋泊とかできる私がいる。


ひとつまだ未体験のことがある。

災害時の避難所だ。
非常時だからつべこべ言えないのはわかっている。

非常時が来ないことを祈るばかりだ。

 

暗黒時代 エピソード5

自分の居場所を求めて迷走、幸せの青い鳥はどこ?

忘れられないクソ会社シリーズ

その会社は輸入・食品の加工会社、人事で仕事に就きました。

季節は冬でした。

会社っぽくないへんな作りのデザイナーズビル。

・自席背後は大きな窓
(激寒‼︎ プチプチが窓全面に貼られているけど、まったく防寒になってない)

・トイレは1フロアに男女1つずつ
(社員数と割合が合ってない⁈)

・エレベーターは最上階まで行かない
(途中階止まり、意味ナイじゃん)


職場環境は入ってみないとわからない、、、。

働く環境って重要。


で、またですかの展開。
長期案件だったけど、ここでも「何かやる事はありませんか?」ってフレーズを言うことに…。


朝から晩までデスクに座りPCと睨めっこ。
1日中ネットサーフィンってやつです。

検索:会社寒い  防寒とか、防寒 プチプチとか

引き継ぎが始まることを期待して、ヒマでも1ヶ月は耐えた。
でもダメだ〜、もう勘弁してください…。
寒いし、マジで遭難する。凍死寸前。

なんでこんなヒマさせてるのに雇うのよ、、、。


営業に言っても遠回りになるからということで、双方同意で派遣元の女性部長ナカタさんと直接お話をしました。


ラム 「ご存知かと思いますが、業務の引き継ぎがなされずやる事がないんです」

ナカタさん 「ラムさんにやっていただきたい事はあるんです。でも、その前に前任の引き継ぎが終わってなくてラムさんへの引き継ぎがまだ先になる…ごにょごにょ」

ラム 「引き継ぎ業務がされないことも、寒さにも耐えられません。私としては契約終了とさせていただきたいと思っています」

ナカタさん 「こちらの準備不足で申し訳ありません」


ってことで、契約途中でしたが双方合意で契約満了。
仕事のない所に用はないのよ〜
私は早く安定した仕事に就きたいだけ。


ちなみに私の平熱は35度2分とか低体温。

ホントに遭難しちゃうんだから〜ってことで撤収!